PR

【推し活】イベント・ライブの遠征に必要な持ち物は?チェックリストで準備万端!

※アフィリエイト広告を利用しています

イベント・ライブの遠征に必要な持ち物は? 推し活
記事内に広告が含まれています。

イベント・ライブ参戦が決まった!
しかも地方の会場!ついでに旅行もできる~♪

なんて、イベントやライブのために遠征するって、ワクワクしますよね!

でも、初めて遠征する場合は、何を準備すれば良いのか迷ってしまうことも多いはず。

普通の旅行と違い、持っていくものは結構独特。
ファン同士で交流する場合は、挨拶用のカードやお菓子だって用意したい。

気が付けば、荷物がパンパンで、必要なものを入れ忘れていた!・・ということも。

そこで今回は、イベント・ライブ遠征に必要な持ち物をまとめました。

イベント・ライブ参戦が決まったら、そして出発前にチェックリストで忘れ物がないか最終確認をしましょう。

さらに、宿泊先や移動手段の選び方も簡単に紹介しております。

不安を取り除いて、推しのイベント・ライブをめいっぱい楽しんでください♪

オタク必見!イベント・ライブ遠征に必要な持ち物

オタク必見!イベント・ライブ遠征に必要な持ち物

イベントやライブの遠征は、普段と違う環境で過ごすため、必要な持ち物がたくさんあります
遠征に必要な持ち物を以下の項目に分けて詳しく説明します。

必須アイテム

必須アイテム

イベント・ライブチケット

まず絶対に忘れてはいけないのがイベント・ライブチケットです。

イベントやライブのチケットには、紙チケット、電子チケット、QRコードチケットなど様々な種類があり、紙チケットの場合は、プレイガイドやコンビニエンスストアなどで発券する必要があります。

電子チケットの場合は、スマートフォンにダウンロードしたり、QRコードを表示したりする必要があります。

電子チケットの場合は、スマホさえ忘れなければ問題はありませんが、バッテリーの残量に注意が必要です。

紙のチケットの場合は、紛失や盗難などに注意しましょう。

交通系チケット

新幹線を利用する場合、チケットは紙の乗車券と、スマートフォンで利用できるeチケットの2種類があります。

eチケットの方が発券が不要なうえ、割引がきくのでおすすめです。
ただし、こちらもスマホのバッテリーの残量をチェックしておきましょう。

地方への遠征には注意が必要

地方への遠征では、SuicaやPasmoなどの交通系ICカードが利用できないエリアもあります
そのようなエリアでは、現金で乗車券を購入する必要があります。
交通費を全額チャージするのではなく、現金も忘れずに持ち歩きましょう

財布(現金・クレジットカード)

財布(現金・クレジットカード)

現金、クレジットカードなど遠征に必要な全ての支払い手段をまとめておける財布は必須です。

特に、遠征先で思わぬ出費が発生する場合もあるので、現金は多めに用意しておくことをおすすめします。

近年では、キャッシュレスのコインロッカーが増えてきましたが、地方ではまだまだ現金式のコインロッカーが多いようです。

小銭をあらかじめ用意しておきましょう。

スマホ

イベントやライブは電子チケットのケースが多く、スマホがチケット代わりになることが増えてきました。

他にも、情報収集、連絡、写真撮影など、様々な用途で役立つスマホは、遠征の必須アイテムです。

モバイルバッテリー

充電が切れてしまうと電子チケットは利用できません
バッテリー切れを防ぐために、モバイルバッテリーも忘れずに持っていきましょう。

身分証明書

ライブ会場に入る時に、本人確認を求められることがあります。
チケット購入、または発券ページに記載があるか事前に確認しておきましょう。

会員証

旧ジャニーズのライブでは、会員証が必要となるケースも。
ジャニオタさんは事前に確認してみてくださいね。

メイク用具

推しに合うならばっちりメイクをしたいですよね。
細かいコスメが多いので、入れ忘れがないようチェックです♪

常備薬

頭痛薬、胃腸薬など、普段服用している薬があれば忘れずに持っていきましょう。

あると便利なアイテム

あると便利なアイテム

着替え・参戦服

宿泊やライブTシャツを着る場合、夏のライブや天気が悪い中でのライブの場合は着替えを用意しておくと安心です。

会場によっては、クロークやコインロッカーが有料の場合もあるので、事前に確認しておきましょう。
移動中や会場で冷える場合もあるので、カーディガンなど羽織物を用意しておくといいですよ。

また、イベントが2日目の場合は、参戦服を忘れずに用意しましょう。
宿泊施設についたら、すぐにハンガーにかけておけば◎

アクセサリー

指輪やピアス、イヤリングにネックレスなどアクセサリーはまとめておきましょう。

洗面用具・ヘアケア用品

ホテルに宿泊する場合は、備え付けられてることが多いですが、民泊などを利用する場合は用意する必要があります。

コンタクトレンズを使用している人はケア用品を忘れないように気を付けましょう。


また、ビジネスホテルのシャンプー・コンディショナーでは髪がギシギシすることがあります。
推しにちゅるるん美髪を見てもらいたい人は、トラベル用の小さいやつを持っていきましょう。

アイマスク・耳栓・ネックピロー

夜行バスを利用する場合にあると便利なグッズです。
ライブでは体力を消耗しますので、睡眠時間はしっかり確保したいところ。

周りの音や明かりに敏感な人は、あった方が安心です。

折り畳み傘

出発前に天気予報のチェックは必須!
晴雨兼用だと便利です。

パック

ホテルの部屋や夜行バスは乾燥しがちなので、パックを持っていくのがおすすめ。

私は毎回、睡眠パックをしてます(笑)
3列独立の夜行バスならカーテンで仕切られてることが多いので、こっそりパックしてもバレません。

パックをして寝て、起きた時にパックをはがせば、つるぴかお肌になるので、メイクノリばっちり☆

推しに会っても恥ずかしくないくらいです😊

筆記用具(黒と推しの色のペン)

メッセージカードを書くこともあるので、筆記用具は持っておいた方が安心です。
推しの色のペンがあれば、よりアピールできますね♪


私は、聖地巡礼で神社に行くこともあるので、絵馬を書く時のために推し色のペンを常備しています。

エコバッグ

グッズを追加で買ったり、脱いだ上着をいれたり、エコバッグがあれば様々なシーンで活躍してくれます。

絆創膏

遠征のついでに聖地巡礼したり、グッズ列、入場列に並んだり、靴擦れすることもしばしば。

そんな時でも絆創膏があると安心です。

ライブで便利なアイテム

ライブで便利なアイテム

推しの応援グッズ(ペンライト、うちわ、ぬいぐるみなど)

忘れちゃいけない応援グッズ♡

必ず買わなくてはいけないものではありませんが、あった方が断然盛り上がります
ペンライトやうちわなど、客席からもライブを盛り上げていきましょう~!

予備の電池

ペンライトの電池がなくなった時の予備です。
私は一回やらかしました(´;ω;`)

遠征の場合、2日目にイベントがあることもあり、家で確認したときは点いたのに…ということも。
色がいっぱいあるペンライトは消耗しやすいので持っておくと安心ですよ。

タオル

イベントグッズのタオルなら広げて写真を撮るのもオススメ♪
大きいタイプなら会場が寒い時のひざ掛けとしても利用できます。

テープのり

以外と活躍するのがテープのり。
うちわが壊れてしまった時や文字が取れてしまっても、さっと直すことができます。

双眼鏡

ステージを遠くから見る場合は、双眼鏡があると便利です。
ただし、イベント・ライブによっては「双眼鏡禁止」のところがあるので、事前にしっかり確認しましょう。

双眼鏡の選び方
①倍率8倍~10倍: 一般的な倍率で、ステージ全体を見渡しやすい。
10倍以上: 遠くのアーティストを大きく見たい場合におすすめ。
7倍以下: 視野が広く、動き回るアーティストを追いかけやすい。
②明るさコンサート会場は暗いことが多いので明るさの数値が高いものがおすすめです。
明るさはレンズ口径の大きさで決まります。
③サイズ遠征に行くなら折り畳み式などコンパクトサイズがおすすめです。
距離から双眼鏡を選ぶ
参考:ケンコー・トキナー
双眼鏡の倍率の違い
参考:ケンコー・トキナー

倍率が10倍以上になると推しを近く感じることができますが、視野が狭く、手振れしやすくなります。
初めて双眼鏡を使うなら8倍~10倍がおすすめです。

\安いのに性能高めなオタク専用の双眼鏡/

銀テープを入れるケース

イベント・ライブでGETしたいのが銀テープ。
参加した証拠でもあり、記念として取っておきたいですよね。


ピルケースなど銀テープを入れるケースを持っていくと、折り目をつけずに持ち帰ることができます。

ファン交流用のお菓子、ご挨拶カード(手土産交換)

界隈によりますが、ファン同志やフォロワーさんと挨拶する予定のある方は、手土産交換用のお菓子を用意することが多いです。


高いものでなくても大丈夫!
推しが好きなお菓子や自分の地元のお菓子など袋詰めにしてることが大半です。

中には手作りグッズを渡す人もいて、色んな形の推しへの愛が見れて楽しいです♪

一緒にアカウントIDを書いたカードを渡すと、SNSでも交流しやすいですよ。

ブルーベリーサプリ

せっかくのイベントなのに推しがぼやけてみえる・・・なんてことになったら悲しいですよね。

高解像度で推しが見たいなら目に良いブルーベリーサプリを摂取するのがおすすめです!

推し界隈では常識なんだとか。
すっきりした目で推しの姿を焼き付けましょう。

ビニールのゴミ袋

ゴミを持ち帰ったり、濡れたTシャツやタオルを入れるのに便利です。

遠征の持ち物 チェックリスト

イベント・ライブ遠征は、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。
下のチェックリストで最終確認をしてね♪

必須アイテムチェックリスト
あると便利なアイテムチェックリスト
ライブのためのアイテムチェックリスト

イベント・ライブ遠征のホテルはどうする?宿泊先の選び方

イベントやライブの遠征で宿泊先を選ぶ際は、事前に下調べが必要です。

会場までの距離

予算に余裕があれば、イベント会場に近い宿泊地にすることをおすすめします。

会場とホテルの距離が近ければ、慣れない土地でも迷いにくいし、帰りの電車の時間があるからと、急いで帰らなくてもいいなどメリットがたくさんあります。

特に、地方では1駅隣といっても歩ける距離ではなかったり、時間が思った以上にかかるなどリスクも大きいです。

会場近くは人気が高いため、イベント参戦が決まったら早めに予約を取りましょう。

もし、違うホテルにすることになっても1週間前くらいまではキャンセル料がかからないことが多いです。
※キャンセルポリシーは宿泊施設に確認してください。

設備・アメニティ

遠征は荷物が多いので、アメニティや設備が充実している宿泊施設がおすすめです。
できるだけ、持っていく荷物を減らしましょう。

価格

会場周辺のホテルは人気が高く、料金も高くなりがちです。
少し離れた場所にあるホテルや、平日の宿泊などを検討することで、費用を抑えることができます。

快適な宿泊先は、イベントやライブの思い出をより良いものにしてくれます。
しっかりと計画を立てて、自分に合ったホテルを選びましょう。

イベント・ライブ遠征の移動はどうする?バス・新幹線・飛行機

イベント・ライブ遠征の移動はどうする?バス・新幹線・飛行機

イベントやライブの遠征には、様々な移動手段があります。

ここでは、代表的な3つの手段であるバス、新幹線、飛行機それぞれの特徴を比較し、最適な移動手段を選ぶためのポイントを詳しく説明します。

バス

バス
メリット最も安く移動できる
・乗り換えが少なく、目的地まで直行できる場合がある
・夜行バスは寝て起きたら目的地についているので効率が良い
・バスによっては充電も可能
デメリット・移動時間が最も長い
・座席が狭く、長時間座っていると疲れる場合がある
・本数が少ない場合がある
・バスターミナルが駅から離れていることがある

新幹線

新幹線
メリット・バスよりも早く、快適に移動できる
・座席が広々としており、コンセントやWi-Fiなどの設備が充実している
本数が多く、時間帯の選択肢が広い
デメリット・バスよりも料金が高い
・乗り換えが必要となる場合がある

飛行機

飛行機
メリット最も早く移動できる
・長距離移動にも適している
・飛行機ならではのサービスを楽しめる
デメリット・3つの選択肢の中で最も料金が高い
・空港までの移動時間や手続きにかかる時間がかかる
・荷物預かりサービスや機内食などのサービスに別途料金が必要となる場合がある

最適な移動手段を選ぶポイント

イベント・ライブ遠征の移動手段は、距離、予算、時間、本数、乗り換え、荷物の量、快適性などを総合的に判断して選びましょう。


例えば、移動時間が一番短い飛行機は快適ですが、悪天候や機材トラブルで足止めをくらうこともありますし、空港からの移動が大変な地域もあります。
バスは、一番安いですが、こちらも悪天候や道路状況によって所要時間が変わったり、夜行バスで眠れなかったということも。
新幹線はトラブルが少なく安定して移動できますが、バスよりは高いです。


移動手段を選ぶ時は、自分が何を求めるのかをしっかり考えましょう。

【推し活】イベント・ライブの遠征に必要な持ち物 まとめ

【推し活】イベント・ライブの遠征に必要な持ち物 まとめ

以上、イベント・ライブの遠征に必要な持ち物のご紹介でした!
グループなど推しメンが多い場合は、荷物が増えやすいと思います。


忘れ物に気を付けて、イベント・ライブを楽しんできてくださいね😊

コメント